油分を与えるクリームの使い方

クリームは、油分を与えるためにあります。

30代までは、肌の水分は減りますが、油分はあまり減りません。

そのため、乾燥肌には油分ではなく水分を保つスキンケアを心がけましょう。

それには、保湿成分を含む美容液を使うのが最適です。

但し、目元、口元には、年齢を問わず皮脂腺が少ないものです。

この分の乾燥が気になるヒトは、油分を補うためにクリームを使うのもよいでしょう。

最近はクリームでも、ジェルのような軽いテクスチャーのものも狩りますが、それでは美容液とあまり差がなく、わざわざクリームを使った甲斐がありません。

せっかく目元や口元にクリームを使うのであれば、こくのある、クリームらしいモノのほうがオススメです。

使い方は、目元口元だけにやさしくなじませることです。

洗顔後、化粧水と美容液を顔全体に伸ばしたあと、クリームを目元と口元にだけ、薬指でやさしく叩きこむようになじませます。

不必要に油分を付けるのを避けるため、他の部位に広がらないようにし、また、こすらないようにします。